「令和」からはじまる、新しいしごと

新元号が「令和」と発表されました。

なんだか勝手に、幕末の明治維新のような気持ちに浸っています。

というのも、
私にとっては今日が「夜明け」だからです。


3月末日をもって、地域おこし協力隊を卒業し、

本日から、完全独立の運びとなりました。


今まで細々と、協力隊の活動の傍らで取り組んでいた

コミュニケーションコンサル業を中心に、事業展開していきます。

というものの、当面の間は、農家のウラカタ「なんでも屋」をします。

現時点で、農家さんからいただいているお仕事は、多岐にわたっていて、

その中には、まだプロと呼べるレベルに達していないものもあります。


圃場管理システム導入支援や、茶の生葉計量システムの開発支援など、
ややIT寄りなものから、県内外での小売茶の販売・販促支援、ワークショップ企画運営、

法人クレド製作など、営業寄りなものまで…etc. 色々です。


特にスマート農業(茶業)については、生産サイドの理解がまだ知識不足で、

今後、畑と工場に入らせてもらい、事務まわりまでじっくりと腰を据えて経験を積んで、

やっとスタートラインに立てるレベルだと思います。

開発サイドと、農家との中間的立場に立てている人間が少ないのが現状です。

一歩一歩、経験を積みながら、この分野で早く一人前になれるよう、頑張りたいと思います。


営業サイドについては、経験があるものの、

法人営業も多くなりそうなので、もっと力をつけられるように…と思っています。


ただの宣言みたいな記事になってしまいましたが、

私にとって夜明けの今日、これからの仕事の仕方、スタイルも含めて、

色々と想いを馳せる時間を過ごしています。

早く、各方面で一人前のプランナーになれるよう、
日々一歩一歩着実に進んでいこうと思います。

川口 塔子 |tottoco

お茶のまちで小さくコミュニケーションプロデューサーをやっているトーコのページです。

0コメント

  • 1000 / 1000